水出しできるルイボスティー|煮出し不要なのでアイスルイボスティーに最適

ルイボスティーは水出しできるの?

ルイボスティーは長時間煮出すのが常識ですが・・・

ルイボスティーの葉は硬い皮で覆われているので、長時間煮出す必要があります。ですから、基本的に水出しは不可能です。一般的に販売されているルイボスティーは長時間煮出す必要があると記載されているものがほとんどだと思います。

しかしながら、最近は水出しできるルイボスティーも販売されるようになってきました。特殊処理によって、成分を抽出しやすくしているので、水出しが可能になりました。冷たいルイボスティーを飲みたいときは、煮出したものを冷やすのは大変ですから、冷蔵庫で水出しできるのはとても便利です。ただし、まだまだ、水出しできるルイボスティーは少ないので、選び方のポイントを詳しくご紹介します。

水出しできるルイボスティーを選ぶときのポイント

蒸気殺菌処理が行われているものを選ぶこと

煮出さなくても成分を抽出するには、蒸気殺菌処理が必要です。蒸気殺菌処理を行うことで、硬い皮を柔らかくして成分を抽出できるようになります。水出しできるルイボスティーは蒸気殺菌処理されていることが必須条件です。

オーガニック栽培が行われていること

水出しするということは、茶葉を沸騰させることなく成分を抽出するということです。もし仮にオーガニック栽培されていなければ、農薬や化学肥料を吸って育った茶葉からダイレクトに出た成分を加熱処理することなく飲んでしまうことになります。ですから、加熱処理の必要がないオーガニックルイボスティーを選びましょう。

残留農薬チェックしているものを選ぶこと

オーガニック栽培されたルイボスティーを選べば安全な気もするかもしれません。しかし、近くの農園で農薬を使っていたり、輸入の際に殺虫剤を使用されたりする可能性もあります。残留農薬チェックを国内で行うことで、商品に一切農薬が付着していない状態で出荷することができます。

水出しできるルイボスティーでおすすめはこちら!

水出しできるルイボスティーで唯一おすすめできるのがティーライフ!

蒸気殺菌処理を行っている
⇒ 高圧蒸気殺菌機によって、しっかりと蒸気殺菌処理を行っているので、水出しで成分を抽出することができます。もちろん、風味もしっかりと出るので、美味しいルイボスティーが楽しめます。
オーガニック栽培の茶葉を使用
⇒ 使用されている茶葉は無農薬・化学肥料不使用で栽培された自然栽培のものです。安全性に優れた原料だけを使用しているので、水出しでも安心して飲むことができます。
独自の残留農薬チェック
⇒ ルイボスティーは南アフリカ共和国でしか栽培できないため、輸入する必要があります。そこで、国内で自社による厳しい残留農薬チェックを行い、農薬が付着した茶葉が出荷されないようにしっかりと管理されています。


安全で美味しい水出しルイボスティーはオーガニック茶葉を蒸気殺菌処理しているティーライフだけ!